2012年09月23日

ファントム

もう、一年ぶり?くらいに読書をした。

ここ一年で、いろいろ大きく変わった。
成長したかな。

久しぶりの読書の一冊目は、
ライアル・ワトソンの「エレファントム」。
以前、福岡伸一さんの「動的平衡」のなかで、
伊藤若冲の屏風と「エレファントム」の中で語られている
象と鯨の対話というシンクロニシティに感動し、
読もう、読もうと思って読んでいなかった本だ。


私は、海が好きだ。
だから鯨も好き。
いつかこの目で見てみたいと思っている。

象は、高校生の時に描いた自画像に、
なぜかアフリカ象を一緒に描いた。
風を受けて前に前進する絵だった。


二つの動物の共通点は、
その存在が、その空間を作るということ。
私と彼女、ではなく、彼女の中にいる私といった感覚。

そういう神秘に弱い。だから、海の中が好き。


この本の中で、一番感動したのは、
やっぱり象と鯨のくだり。

目に見えるもの、聞こえることがすべてじゃない。

彼女たちは、私たちの聞こえない低周波の声で、
歌を歌い続けてる。

ずっと。

本の中では、何マイルも先に伝わると、距離のことしか
触れていなかったけれど、
もしかしたら、一度発した声の振動は、地球のどこかに
跳ね返されて何年後までも届くのかもしれない。

亡くなったおばあちゃん象の声とか。

細胞の記憶についても、新しい見方だ。
人は一日に4000万個の細胞を落とすのだと言う。

その一つ一つに、記憶が残って、
ファントムになることがある。

エレファントムとは、象の幻という意味。
遥か彼方に生きた象が生き生きと見える人がいると言う。

記憶。記憶。
なんだかまとまらないけど、もうひと堀できそうな題材ね。



posted by yukikinaco at 19:29| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

道は続くよ、どこまでも

みなさま、お久しぶりです。

辻村深月さんの「ロードムービー」を読みました。

アマゾンのレビューで、この本が「冷たい校舎の時は止まる」のスピンオフだと知って、そく購入しました。

そもそも、「冷たい校舎の時は止まる」との出会いは、立ち読みした漫画でした。

続きが知りたくて、ケータイ小説で購入したら、漫画じゃなくて、小説だったのでびっくりしました。

でも、すっかりハマってしまって、電車の中でも、歩いてても、布団に入ってからも、ずっと携帯を手放せずに結局、3日くらいで読んでしまいました。

そのスピンオフなんだから、買わずにはいられません。

結論から言うと、やっぱりよかったです。
「冷たい校舎の時は止まる」一冊の中で、時を止めていた登場人物たちがまた動きだした。
いや、私たちの知らないところで、ちゃんと生きていたことを、教えてくれました。

ここからは、それを通して思ったことです。



変わらない時も人も、ないんです。
みんなの流れていく。
時に流されないものはありません。

もう会わなくなった、あの時の先生や友達や、
たくさんの人たちは、今、どうしているんだろう。

自然に会わなくなった人もいるし、
気まずい関係のまま時が過ぎてしまった人もいる。

彼らの今に、私はもういないけど、
私にも彼らにも、その時お互いが出会っていたことに意味があって、
それが今に繋がっているんだよね。

この空の下に、彼らが生きていることは間違いなくて、
みんな自分の道を歩み続けている。

いつか、私とあなたの道が重なることが会ったら、笑顔で出会いたい。

今までに出会ったことのある人も、
これから出会う人も。

それまで積み重ねてきたことは、
血となり肉となって、私たちの深みを増していく。


私の道も、あなたの道も、まだまだ終わらない


あなたに会えることを楽しみにしています。
それまで、私頑張っているから!


posted by yukikinaco at 00:13| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

粘菌はオートミールを食べる

唯脳論を読もうと思った矢先ですが、
早速浮気しまして、
先日ノーベル賞をとった中垣 俊之さんの
「粘菌 その驚くべき知性」を読んでます。

もちろん、粘菌を使った実験をされているので、
粘菌を育ててらっしゃるわけですが、
その餌がオートミールだそうです。

しかも好みがあるらしく、
1番好きなのは、有機栽培のオーガニック商品。

中垣さんは、粘菌もグルメなんですね、なんて仰ってますが、
粘菌という単細胞生物が好むってことは、
私たちの体も一緒なんじゃないかなって思います。

人が体に悪そうなジャンクな食べ物をおいしいと思ってしまうのは、
結局、大量消費の社会で利益を拡大させるために、
それらをおいしいと思うように自分たちの体を
作り変えてしまった結果なのではないでしょうか。


そんなことを考えると、またナウシカを思い出してしまいます。

今日帰ったら読み返して見ようかな。
posted by yukikinaco at 14:49| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。