2010年10月12日

雨香

前回に同じく、社会に種を蒔く人たちより、
村瀬 誠さんの言葉。

「たとえば、桜のお花見も雨の日に歩くんです。
そうすると桜の匂いが一番強く香るんです。
薔薇もそうです。
昔はそれを雨の香りと言って楽しんだんですよ。」

そう言われてみると、この前のこの写真も、
金木犀の香りが強くしてくる様に思われる。


image-20101012023504.png

雨香−うこう−

いい言葉だ。


posted by yukikinaco at 02:35| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

久しぶりの読書

この前途中まで読んでて、そのままになっていた
小山薫堂さんの「社会を動かす企画術」に再び
手をかける。

小山さんの仕事はすごいと思うけど、
本編はまぁまぁ。

資生堂とコラボした映画も、
映像は良かったけど、何だか伝えたいことが明確すぎて広告みたいな映画だったな。

なんて私が偉そうに言えるほど
自分はなんにも成し遂げられていませんが…

それで!
再び手にしたこちらの本で素晴らしい言葉を見つけました。

社会に種を蒔く人たちとして紹介されている
飯島 博さんの言葉で、

「子どもっていうのは、世の中の一員なんですよね。
それが今は「お客さん」になっちゃってる気がします。
本来なら子どもも社会を担う大事な役割があって、
その一つがバラバラな大人たちを繋げていくことなのかなって。」

というフレーズです。

今の子どもたちを、お客さん、と表現しているのが凄い。

何となくだけど、わかる。

もっと子どもの力を信じてあげよう。

私たちは、子どもたちを囲ってしまうのではなく、
支えてあげるだけでいいんだ。

posted by yukikinaco at 20:48| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

9.11

あぁ、今日だった。

同時多発テロから何年たったのだろう。

今日から「読むだけですっきりわかる世界史」を読んでいる。

以前読んだ日本史バージョンが面白かったので、買ってみた。

本の中で繰り広げられる多くの戦争について学びながら、
人は何の為に戦争をするのだろうと、思いを馳せると、

今日が9月11日であることに気づく。


以前テレビで、イラクに赴いたアメリカ兵の中には、
精神的ストレスで言語障害などの症状を発症する兵士が少なくないと言うニュースをみた。

彼らは母国でリハビリを行い、
また戦地に戻って行くそうだ。

だけど戦地にいて精神的に、参ってしまわない人の方がおかしい。

アメリカは、彼らから人の心を失わせてまでして、
何を守ろうとしているのだろうか。


posted by yukikinaco at 19:04| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。