2012年10月02日

そんなつもりはなかった

昨日は、仕事の空き時間にさらっと東京都現代美術館に行ってきた。

「日本ファッションの未来性」という企画で、
日本のファッションデザイナーの作品が展示されていた。

印象的だったのは、ギャルソンの渡辺淳弥さんの作品。
とにかく発想がユニーク。だけど、シンプルでわかりやすい。
すごく私好み。

未来性という話なので、
最近のアニメ系のファッションなどもあり、いろいろ考えさせられた。

ファッションに限らず、今の商品ってきっとそのモノ以上の価値を
期待されている気がする。
そのモノがあるから生まれる、シーン、感情、物語、
欲しいのはそのモノが生み出す時間と空間。

うん、そんな気がする。

それで!
今回読んだ本は、
ジブリのイラストを担当してる二木真希子さんの「世界の真ん中の木」。
この本は、昨日現代美術館で購入。

ファッション以外にもう一つ企画展をやっていて、
「特撮のなんとかかんとか」ってやつ。
いわゆる、ゴジラとかウルトラマンとか?のジオラマを
展示していた模様、そこになぜか巨神兵!
正直、巨神兵だけは見たかった・・・。

というわけで、ジブリ繋がりで
ナウシカをはじめジブリ関係の本も販売されていて、
その中にあった一冊です。

世界の真ん中には、一本の大きな木がある。
その木は大きく、見上げてもその先がわからないくらい高く、
雲の先まで続いている。

主人公のシシは、その木の麓に住んでいるのだけど、
木の先に何があるのか気になって仕方がない。

木を登る途中、おびえた動物や、異常に繁殖した蝶、
など、木の上での異変を予告するような現象に出逢う。

異変の原因は、木の頂きに住み着いた
大きく美しい黄金の鳥だった。
鳥の巣には、食べ散らかされた動物の死骸と、
巣から溢れ出る銀色の水。

その水を飲むと、木は枯れ、動物は狂いだす。

鳥は言った、

「銀色の水は、私の巣から出る。・・・出てしまうのだ。
それは私たちの常だ。枯らす気はない。
しかし、木は枯れるだろうよ。」

と。


人間様は耳が痛い話ですね。
そんなつもりはなくても、環境問題は深刻化。
世界中の虫がいなくなったら、すぐに生命は絶滅するらしいけど、
世界中の人間がいなくなったら、すぐに地球は潤いを取り戻すらしいですよ。


私は、これから「環境(対策)」でものが売れる時代になると思うよ。
今までは「環境」でものは売れないって言われてきたけど、
変わると思う。

だって、私、毎月国境なき医師団に1000円(少ない?)寄付してるし、
今日だって、スタバで東北寄付のために募金カード作ろうかと思ったもん。
(実際は相当急いでたので断念)。

そんなつもりじゃなかった、って言っても、もう遅いよなんて事態に
なったら悲しいでしょ。
そんなつもりじゃないなら、そうならないようにできる商品が必要よね。

この前提案して、ダメだったけどさ。
やっぱ後5年くらい待たなきゃだめかしら。


それから、もうひとつ、
自分がすっきりしたいがために、そんなつもりじゃなくても、
人に迷惑かけることがあるって気づいた。
自分ごとに、他人を巻き込んだら迷惑よね。
気持ちはわかるけど。

うむむ、明日から気をつける。

おやすみなさい。

posted by yukikinaco at 23:43| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。