2012年09月30日

ニルバーナ

最近、月曜日の23時から放送しているNHKのスーパープレゼンテーション
という番組にハマっている。

各業界の第一人者のプレゼンを英語の勉強を交えながら
見て行く、という番組なのだが、
とにかく、そのプレゼンテーションの内容が素晴らしい。

私は毎週、そのプレゼンに感動して泣いている。

今回読んだ本は、
この番組を通して出逢った、ジル・ボルト・テイラーの
「奇跡の脳」だ。

彼女は、脳学者・神経学者でありながら脳卒中を患い、
その経験から脳の神秘を知ることとなった。


右脳は、ニルバーナに繋がっている。
左脳の機能が停止した時、自分の体がどこからどこまでかわからなくなった。
すべてはエネルギーの塊で、世界と自分は一つだった。
それはそれは美しい世界だった。

左脳の能力は、世界のすべてを分別し個として自我を確立すること。
右脳の能力は、世界と一体となり、平和を願うこと。

人は、自由にどちらかを選択することができ、
ひとたび右脳の世界に入れば、常にニルバーナを感じることができる。


私はユングが好きで、よくユングの本を読んだ。
彼の言っていることを理解しているつもりだったが、
どこか空想の世界のことと感じていた気がする。

でも、現代のユングがここにいる。
彼女は、私たちと同じ時代に生きて、同じ次元の中で、
右脳の働きについて体験したことを語ってくれた。
私も、ニルバーナに行けるような気がしてきた。


私の仕事は、左脳をフル回転させることを強いられる仕事で、
しょっちゅうヒートアップして知恵熱を出している訳だけど、
芸術を肌で感じているときは、頭に風が吹いているような
心地よい状態になっている。
なんとなくだけど、その心地よい状態は、左脳がお休みしてる時に
起こる現象なのかなと思った。

試しに、お風呂に入りながら意識的に、周りを肌で感じてみたら
ちょっとその状態を再現することができた。

いつも、頭の中に風が吹いていたらどんなに気持ちがいいだろう。

私の左脳は、ビックリするほどネガティブだから、
風通しを良くしておかないと、カビが生えそう。



もし、人々が自由に左脳と右脳の旅ができれば
どんなに良いだろう。

たとえてみれば、この世界は大きな樹のようなものなのだろう。
樹に生い茂る葉は、一枚一枚異なるけれど、全体で見れば一本の樹で、
すべて繋がってる。

私とあなたが、一つであることを知ったら、
対立をする意味はないだろう。

右脳主導の世界だったら、
平和なのに、
なんで現実は左脳主導の世界なんだろう。

人が、世界と分離されて、個となって、自我を持つことの意味は
なんなんだろう。
木の葉は、光合成を効率よくするために、たくさんついているとしたら、
人が、たくさんいるのはなぜ?

何かを効率よくするため?


池田晶子の本を久しぶりに読んでからというもの、
改めて自分が俗世にはあまり興味がなく、
モノの本質にばかり興味が向くことを知った。


さて、明日からまた会社ですね。
新しいクリエイティブジャンプを強いられている今、
ちょっと焦ります。






posted by yukikinaco at 23:07| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。